株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 壁紙をトイレリフォームするときの注意点とは

壁紙をトイレリフォームするときの注意点とは

規約を確認しよう

規約を確認しよう


埼玉のマンションに住んでいる人も多いでしょう。
埼玉に限らず、マンションのトイレリフォームを行う際は一戸建てとは異なり、気をつけなければならないことがあります。
一つは、マンションの規約です。
賃貸ではなく、一室を購入していたとしても同じ建物の中に他の住人がいるため、全員が暮らしやすいように様々な規約があります。
一戸建てにはない制約を受けるため、事前確認が欠かせません。
特に、増設や移設をする際は要注意です。
管理規約や構造上の問題によりできない場合が多いため、スペースを広げたくてもできなかったり場所が移動できないケースがあるということを理解しておきましょう。
また、個人でリフォームができるのは専有部分のみであり、玄関の内側からサッシの内側までと決まっていますが、トイレリフォームは専有部分内に含まれていても使用細則によって許されていない場合があります。
管理組合に確認をしてみてください。

構造上の問題

構造上の問題


管理規約や細則には問題がなくても配管状況や床の高さなど構造上の問題によって希望が通らないことも少なくありません。
例えば、場所を移動させたい場合、その移動距離が制限されたり、全く動かせなかったりすることなどです。
この場合は管理組合や埼玉のトイレリフォーム業者に相談する必要があります。
近年、タンクレスタイプが人気ですが、集合住宅では設置できないケースがあることにも気をつけなければなりません。
設置ができないケースというのは水圧の問題が発生した時です。
タンクレスは直接水道につないで排水します。
そのため、水圧が低いと排水がうまくいかず、つまりを引き起こしたりなどトラブルを招いたりする危険性があります。
最近では水圧が低くても設置ができるケースが増えてきましたが、建物の築年数が古いものは気をつけてください。
設置してから排水が弱くて詰まりやすくなったと失敗することも多いため、事前に確認が必要です。
また、施工を行うにあたりマンションへ申請書類の提出が求められることがあります。
施工業者に相談した上で申請書類を記入し、期日までに提出しましょう。

コラム一覧