株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 壁紙をトイレリフォームするときの注意点とは

壁紙をトイレリフォームするときの注意点とは

内装を変える時に気をつけたいこと

内装を変える時に気をつけたいこと


埼玉でトイレリフォームをする時、便器を新しくするだけではなく、内装も大幅に変えたいと思う人が少なくありません。
収納スペースを作ったり、手洗い場を新しく設置したりするケースもありますが、費用が高くなってしまいます。
出来るだけ費用を抑えながら雰囲気を大幅に変えたい時は、壁紙を張り替えてみてはいかがでしょうか。
壁紙のデザイン次第でトイレの空間の印象は大きく変化します。
実際に張り替えてみなければ感じ取れない雰囲気もありますが、事前に注意点を知っておくと失敗する可能性が低くなります。
注意点の一つは、真っ白を選ばないようにすることです。
清潔感が求められる空間であるため、出来るだけ明るく、爽やかなイメージを与えるために真っ白を選んでしまう人がいますが、尿が飛び散った時に目立ちやすいためお勧めできません。
尿以外にも洗剤や水も飛び散ります。
明るい雰囲気を与えながら汚れが目立ちにくいようにするために、真っ白よりも淡い色を選ぶ方が無難です。

見た目以外にもこだわりたいこと

見た目以外にもこだわりたいこと


淡い色だからといって何色でも良いわけではありません。
好きな色でも派手目の色を選ぶと落ち着かない空間になってしまうため、淡い色の中でも水色やグレー、ピンク、ベージュがお勧めです。
また、便器や手洗いのデザインに合わせて選ぶと空間にマッチしやすく、失敗しにくいでしょう。
柄もあまり派手すぎないようなものを選ぶ必要があります。
大きな柄や派手な柄は圧迫感を与えてしまい、狭いスペースがより狭く感じてしまうからです。
壁紙の柄選びはセンスが問われるため、チャレンジしすぎずに無難なものを選んでみてください。
見た目ばかりにこだわりすぎないことも注意点として挙げられます。
おしゃれなデザインでも機能性がなければお掃除がしにい、汚れやすい、すぐに張り替えが必要になってしまったなどの失敗につながりやすいです。
最近は消臭や防カビ、抗菌など様々な機能がついているタイプが増えてきたため、最低限、水に強くて汚れが付着しにくくお掃除がしやすいものを選びましょう。
このように注意しなければならないことがたくさんありますが、迷ったときは埼玉のトイレリフォーム業者に相談しながら決めるのも一つの方法です。
埼玉には信頼できるトイレリフォーム業者がいるため、アドバイスを受けてみてください。

コラム一覧