株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > バリアフリーにトイレリフォームをするときには

バリアフリーにトイレリフォームをするときには

バリアフリー化のポイント

バリアフリー化のポイント


トイレリフォームをしてバリアフリー化しようと考えている家庭も多いのではないでしょうか。
高齢化が進む日本では、介護や支援が必要な人と一緒に暮らすことも珍しくはありません。
埼玉でも両親と住んだり、自分自身が高齢になったときの生活を考えたりしてトイレリフォームをする家庭が増えてきています。
バリアフリー化するためには、知識が必要です。
これから埼玉でトイレリフォームを検討している人は失敗したと後悔することがないように、最低限の知識を身につけておきましょう。
バリアフリー化のポイントは、利用する人の状況を基準にしてどのような工事が必要なのかを考えることです。
車椅子を利用するのと、しないのとでも工事内容が変わってきます。
将来、車椅子を利用することを想定して工事内容を決めるのも一つの方法です。
車椅子利用の場合は、出入り口は80cm以上確保する必要があります。
また、出入り口の位置は便座の後ろもしくは横に設置すると出入りしやすいです。
空間のスペースは165cm×165cmが理想です。

誰でも使いやすいように工夫しよう

誰でも使いやすいように工夫しよう


車椅子を利用してもしなくても、気をつけたいポイントがあります。
それは、どこにトイレを作るかです。
寝室から出来るだけ近いところに設置した方が便利でしょう。
また、和式を使っている場合は洋式に変えてください。
歳とともにしゃがむのが大変になってくるため、体に負担がかからないように洋式にする必要があります。
L字の手すりがあると、より利用しやすいです。
車椅子から便座に移動する際や、立ち上がるときに掴まりやすい位置に取り付けましょう。
床は段差を無くします。
少しの段差でもつまずきやすくなるため、これくらいの高さであれば問題ないだろうと思わずに、段差を作らない工夫が必要です。
鍵は内側だけに取り付けているのが一般的ですが、中で問題が起きてもすぐに駆けつけて対応ができるように外側にも取り付けるといいでしょう。
他にもドアは引き戸にしたり、床材はクッション性のある素材を使ったりするなど体に負担をかけない工夫をしなければなりません。
このような知識を身につけた上で、埼玉の業者に工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧