株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 2階に増設するトイレリフォームのポイントとは

2階に増設するトイレリフォームのポイントとは

どこに設置するかによって工期が異なる

どこに設置するかによって工期が異なる


1階建てのお家から2階建てに増築をしようと考えている家庭が埼玉にもあるのではないでしょうか。
規模にもよりますが、2階部分にもトイレを設置した方が、生活が快適になります。
特に二世帯で住む場合や、2階で過ごすことが多い場合は毎回1階に下りて用を足すのは大変です。
高齢者や小さい子供は階段から滑り落ちてしまう危険性もあるため、増設した部分にもトイレリフォームを行ってみてください。
必要なスペースは最低でも0.4坪、畳1畳ほどあれば問題ありませんが、どこに設けるかによって工事期間が異なります。
依頼する埼玉の業者の技術力などによっても差がありますが、出来るだけ工事期間を短縮させたいのであれば階段横の踊り場を選ぶのがポイントです。
物置として使っている家庭もあるでしょう。
そこに設置すると工事期間が短く、誰でも使いやすといったメリットがあります。
しかし、階段へ足を踏み外さないようにスペースの確保をしなければなりません。
また、排水の音に注意することも大切です。
配管が寝室の横を流れると音がうるさくてストレスを感じることがあるため、出来るだけ排水音が気にならない場所を選んでトイレリフォームするのがポイントです。

予算に余裕を持とう

予算に余裕を持とう


費用も気になるでしょう。
便器の価格はメーカーや商品、グレードによってばらつきがありますが10万ほどすることが多いです。
タンクレスになると価格が高くなりますが、タンク部分のスペースを取らないため2階への増設にも向いています。
手洗い場も設けなければならないため、40万から80万ほど増設にかかると思っておきましょう。
相場の幅はありますが、大きく差が出るのは旧排水管の工事費です。
お部屋の壁を取り付けたり、撤去したりする費用は大幅に変わるわけではありません。
一般的なお家は2階に給水設備がないため、1階から配管を立ち上げることになり、その費用が高くなることがあるのです。
真上に増設できれば安く抑えることができ、離れた場所に設ける場合は高くなるため注意してください。
このようにトイレリフォームはお金がかかります。
埼玉の業者に見積もりを依頼しなければ正確な金額は分かりませんが、予算に余裕を持っておくことが大切です。

コラム一覧