株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 低予算でトイレリフォームするときのポイントとは

低予算でトイレリフォームするときのポイントとは

リフォームはお金がかかる

リフォームはお金がかかる


埼玉でトイレリフォームをしたいけど、金銭面の問題でなかなか決断ができない人も多いのではないでしょうか。
数千円の出費で済むものではないため、もう少しお金に余裕ができてから依頼しようと先延ばしにする人も少なくありませんが、便器の劣化が進んでいると臭いが酷かったり、つまりが起きたりするなど日常生活で支障をきたします。
少しでも早く快適に使用できるようになるために、埼玉の業者に依頼することが大切です。
金銭面の問題があるのであれば、低予算でトイレリフォームをするときのポイントを知っておきましょう。
埼玉の業者に見積もりを依頼してみなければ正確な料金が分かりませんが、想像しているよりも意外と安く済むこともあります。

低予算のポイント

低予算のポイント


低予算のポイントは、使用する上で何に困っているのか、不満なところなどを考えることです。
頭で考えるのではなく、紙に思いつくままに書き出してみてください。
そうすることでトイレリフォームに何が必要なのか整理することができ、無駄を省いて最低限の工事を依頼することができるのです。
よりコスト削減したい場合は、優先順位をつけて上位から依頼するといいでしょう。
便座のみの交換であれば、メーカーや商品によって金額が異なりますが、5万円以内で済む可能性が高いです。
便器と便座を交換する場合も10万円以内で済みます。
便器が傷ついている、ひび割れが起きている、尿石がこびりついて除去しきれないなど、本体に問題が起きている場合は便座と便器をセットで交換するといいでしょう。
もう少し余裕があるのであれば、タンクレスに変えたり和式から洋式に変えたりすることができます。
20万円以下で済むことが多いです。
和式は歳とともに体に負担がかかるため、洋式への変更は優先したいものです。
また、スペースが狭くて使いにくいという悩みがあればタンクレスを取り入れてスペースを確保するといいかもしれません。
30万円ほどの予算がある場合はグレードの上げることができたり、50万以上になると手洗い場やキャビネットの設置などより快適な空間が実現できたりします。
このようなポイントを意識した上で、低予算で済むように工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧