株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームするきっかけとは

トイレリフォームするきっかけとは

後回しにしがちなリフォーム

後回しにしがちなリフォーム


埼玉でトイレリフォームを検討していても、いつ実施しようか迷っている人もいるのではないでしょうか。
簡単な工事でも、それなりの費用がかかるため、もう少しお金が貯まったらとついつい後回しにしてしまいがちです。
使えないわけではないため、先延ばしにしていると老朽化が進み、状態が悪くなります。
尿石が蓄積され、つまりが起きたり、臭いがひどくなったりするため、使いにくさを感じるようになるでしょう。
清潔感のない空間に慣れてしまうこともありますが、いずれトイレリフォームをしなければならない時がきます。
埼玉でトイレリフォームのきっかけがわからない人は、どんな時に工事を依頼するのか多くの人がきっかけにしているタイミングを知り、検討してみてはいかがでしょうか。

3つのタイミング

3つのタイミング


きっかけは3つに分けることができます。
一つは、故障です。
便座が割れたり、便器にヒビが入ったり、配管が詰まって完全に使えなくなった時は工事するしかありません。
便座や便器が少し破損しただけでは放置する人も少なくありませんが、大きなトラブルに発展する可能性もあるため、被害が拡大する前に新しいものに交換することをお勧めします。
二つ目は老朽化です。
簡単に壊れないようにつくられていますが、使い続けていると劣化するものです。
特に尿石は一度こびりつくと簡単に落ちません。
黄ばみや臭いがひどくなると快適さが失われ、未だに汲み取り式や和式を使っていると不便さが顕著になってくるでしょう。
しゃがまなければならない和式は、体にも負担がかかり、加齢によって足腰が弱くなるとストレスを感じるようになるため、リフォームをするきっかけになったという人も少なくありません。
三つ目はライフスタイルの変化です。
出産や介護など家族構成や生活の仕方の変化がきっかけとなるケースがあります。
このように3つのタイミングがありますが、寿命も考慮しなければなりません。
使用頻度によってもばらつきがありますが、一般的には10年を目処に交換することがお勧めされています。
そろそろ工事をしようと考えている人は埼玉の業者と相談しながら快適な空間をつくってみてはいかがでしょうか。

コラム一覧