株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 介護保険制度を活用したトイレリフォームとは

介護保険制度を活用したトイレリフォームとは

知らないと損する制度

知らないと損する制度


自宅介護をするにあたり、埼玉にある自宅をリフォームしなければならないことがあります。
段差をなくし、車椅子でも過ごしやすい空間に変えることができれば介護をする人の負担も軽減できます。
また、トイレリフォームは介護保険が適用されることがありますが、それを知らない人も多いのではないでしょうか。
知らないと損をする可能性があるため、これから埼玉でトイレリフォームをする予定のある人は条件などを知っておきましょう。
はじめに介護保険を利用する目的を理解しておく必要があります。
目的は主に3つです。
一つは被介護者が暮らしやすい空間にすることです。
出来るだけ自分の力で行動ができるように改修し、活力が生み出せるように使いやすいトイレにしましょう。
二つ目は介護者の負担を軽減することです。
要介護のレベルが上がればその分、サポートをする人の負担も大きくなります。
体力はもちろん、精神的な負荷もかかってくるためお世話のしやすさも考慮してください。
三つ目は将来を見据えることです。
いずれ自分も歳をとって誰かのサポートを受ける時がきます。
自分が高齢者になってからトイレリフォームをすると、費用面の問題や手間もかかるため計画的に進めていきましょう。

適用条件とは

適用条件とは


介護保険を利用するための条件の一つは、要支援1〜2、要介護1〜5のいずれかに認定されている被保険者がいることです。
また、介護保険被保険者証に記載されている住所の自宅しか適用されません。
上限は一人につき改修費用20万円までと決まっており、その1割は自己負担になります。
そのため、20万円の工事をすると2万円は自己負担になるため気をつけてください。
20万を超えたら1割と超えた金額が自己負担になります。
原則、補助金は一人につき一回ですが、20万円を数回に分けることが可能です。
さらに、転居や要介護区分が3段階以上進んだ場合は再び20万円までの給付が受けられます。
しかし、一回で100万円かかる工事を20万円ずつ分けて申請することはできません。
このように目的を明確にし、条件をクリアした上で申請をしてみてはいかがでしょうか。
工事内容や費用の相談は埼玉の業者と相談しながら決めるといいでしょう。

コラム一覧