株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 子どもに優しいトイレリフォームとは

子どもに優しいトイレリフォームとは

トレーニングにも役立つ

トレーニングにも役立つ


埼玉で小さな子どものいる家庭は、トイレリフォームをして子どもにも優しい空間にしてみてはいかがでしょうか。
1歳半から2歳にかけてオムツを卒業するために、トイレトレーニングをさせるのが一般的ですが、なかなかうまくいかない場合もあるはずです。
3歳までには完了する子どもが多いですが、うまくいかない時は使いやすさを重視したトイレリフォームをしてみてはいかがでしょうか。
また、おまるに慣れさせてから実際に便器に座らせてトレーニングをする方法がありますが、はじめから便器でさせることで得られるメリットがあるのです。
一つは空間に早く慣れることです。
空間に慣れていないと恐怖心を抱いたり、不安になったりしてしまいます。
初めのうちは保護者が見守りながら行いますが、一人でできるようになると保護者の負担も軽減できます。
早く一人でできるように最初から毎日トイレに行かせて慣れさせましょう。
紙で拭いて流す、手を洗って拭いて出てくるといった一連の流れも覚えさせることができます。
他にも、おまるから便器に移行させる段階も省略できるといったメリットがあります。
このように子どもが使いやすいだけでなく保護者にとってもメリットがあるため、トイレリフォームをしてみてはいかがでしょうか。

ポイントを知ろう

ポイントを知ろう


埼玉で子どもに優しいトイレリフォームをする際、どのようなことに気をつけるべきかわからない人もいるでしょう。
ポイントは、マイナスなイメージを抱かない空間作りです。
トイレは子どもが怖くて一人で行きづらい汚い場所というイメージを持ちやすいため、自ら進んで行きたくなるように清潔感と明るく楽しい雰囲気を意識してください。
また、初めは便器を汚すことも多いため、お掃除のしやすさも取り入れましょう。
防汚加工や防菌加工された床材、壁紙を選ぶことや、溝のないフラットな便器を選ぶと掃除のしやすさと清潔感がアップします。
明るくて楽しい雰囲気にするために、ウォールステッカーを貼ったり絵本を置くといいかもしれません。
このように工夫次第で子どもにも優しい空間ができるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧