株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームの見積もりで注意することとは

トイレリフォームの見積もりで注意することとは

依頼する前に気をつけたいこと

ニューモデルの特徴

埼玉でトイレリフォームをする際、注意しなければならないことがあります。
それは、見積もりです。
トイレリフォームも施工内容が様々であり、大規模な施工もあれば便器を交換するだけの小さな工事で済む場合があります。
内容によって金額が異なるため、必ず埼玉の業者と打ち合わせをしなければなりません。
打ち合わせでは、依頼主の要望を伝えたり、何にいくらかかるのかを話し合ったりしていきますが、多くの人は出来るだけ安く済ませたいと考えるでしょう。
あまりにも低価格な施工は質も落ちるため、お勧めできませんが支障のない範囲で不要な部分を削ることは可能です。
最終見積もりに納得し、契約すると修正や変更ができないケースがあるため、しっかりと打ち合わせしていくことが大切です。

値引きと価格の違い

メンテナンスもしやすい

見積もりを依頼する時に、値引きができる製品が業者によって異なることも注意したいポイントです。
埼玉にも様々なトイレリフォーム業者がいますが、それぞれ提携しているメーカーが違ったり、値引きができなかったりするメーカーがあります。
そのため、あらかじめ希望の製品が値引きの対象になるのかを聞き、目安とする予算内におさまるのかを考えてみてください。
また複数の会社に問い合わせる時、同じ施工内容、希望の製品も同じにしておきましょう。
グレードや資材をそれぞれで変えて問い合わせると比較検討がしにくいからです。
事前に予算やリフォームしたいところ、取り入れたい設備を考えておくと見積もりが依頼しやすくなります。
また、価格だけで依頼するかどうかを決めてはいけません。
会社によって製品の仕入れ方法が異なり、同じ価格でもグレードが違うといったこともあります。
また、ただ便器だけを交換する場合は安く済みますが、少し料金が高くてもトラブル予防のためにパイプの交換を考えて施工してくれる会社の方が長期的に見たときに大きなメリットが得られるでしょう。
中には、相場からかけ離れた低料金をアピールしている会社がありますが、なぜ安いのか問い合わせてみてください。
曖昧に答えるところは信頼できないため、悪徳業者に引っかからないように注意してください。

コラム一覧