株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレの床をリフォームするときのポイントとは

トイレの床をリフォームするときのポイントとは

工法にも注目しよう

工法にも注目しよう


トイレリフォームをするときに、便器だけでなく床も張り替える人が多いです。
せっかく工事するのであれば、壁紙なども変えて全体的におしゃれにしたい、今の素材はお掃除がしにくいため、お手入れがしやすいものに変えたいなど理由は様々でしょう。しかし、間違った選び方をすると前の方がよかった、と逆効果になる可能性があります。
失敗しないためにトイレリフォームで床を変える時のポイントを知っておきましょう。
ポイントの一つは、工法選びです。
タイルや大理石などの素材にこだわる人が多いですが、工法にも注目してみてください。
重ね張りと張り替えの2種類が一般的です。
重ね張りというのは今使っているものの上から別の床材を貼ります。
張り替えは全て剥がして新しく貼っていく方法です。
具体的な違いや特徴を知った上で検討する必要があります。

知っておきたいポイント

知っておきたいポイント


重ね張りの特徴は、古いものを剥がす工程がないため工期を短くすることができ、安価なことが挙げられます。
また、廃材も発生しないため処分費も削減可能です。
しかし、二重になるため分厚くなり、材料分だけ高さがでてしまうのがデメリットです。
建具との納まりを考慮しなければ、設計ミスにつながる可能性があります。
さらに、既に浮きや軋みが発生している場合、それがそのまま反映してしまうため注意が必要です。
一方、張り替えは便器なども取り外して施工するため、工期が長くなり費用も高くなるのがデメリットですが、不具合を改善できるのが特徴です。
水回りは用途の特性から、他の場所よりも素材そのものの劣化が進みやすいため、不具合を根本から改善できる張り替えの方がトイレリフォームに適しています。
材質を選ぶポイントは、耐水性、防汚性、防カビ性、防菌性、防臭性が備わっているものです。
埼玉の業者でも取り扱っている材質や得意としている分野が異なります。
費用的な問題もあるため、埼玉の業者と相談しながらバランスの良いものを選んでみてはいかがでしょうか。
信頼できる埼玉の業者を選ぶことができれば、親身になってアドバイスをしてくれるでしょう。

コラム一覧