株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 高齢者に適したトイレリフォームのポイントとは

高齢者に適したトイレリフォームのポイントとは

使いやすい空間に変えよう

使いやすい空間に変えよう


高齢になった両親と同居するタイミングや、自分自身が加齢によって身体が動かしにくくなったとき、トイレリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
埼玉にも、そろそろ工事をしようと検討している人が多くいるはずです。
トイレリフォームで空間を綺麗にして高級ホテルのようにおしゃれにする人も少なくありませんが、目的を明確にした上で使いやすいようにリフォームする必要があります。
高齢な家族や自分自身の将来のために工事をする場合には、高齢者が使いやすいように変えていかなければなりません。
しかし、高齢者が使いやすいといっても実際に経験してみなければ、改善すべきポイントや、どのように変えれば快適になるのか、わからない場合もあるでしょう。
埼玉の業者に相談しながら、設計していくのも一つの方法ですが、依頼主自身も把握しておくことが大切です。

抑えておきたいポイント

抑えておきたいポイント


高齢者が使いやすいのは、身体に負担がかからない設計です。
例えば、座ったり立ったりしやすい、手すりにつかまれる、車椅子や杖を使っていても蓋が開け閉めしやすい、段差がないなどが挙げられます。
これらを全て取り入れたら使いやすい空間になるでしょう。
しかし、問題になるのが費用です。
余裕があれば、それほど予算を気にせず取り入れたいものを全て実現することができますが、予算に限りがある場合は優先順位をつけていかなければなりません。
最も優先した方がいいのは、和式から洋式に変えることです。
和式はしゃがんで立ち上がる動作が必要になり、足腰が弱ってくると辛くなってきます。
費用をそれほどかけられない場合でも、高齢者がいる場合は洋式に変えた方が良いでしょう。
埼玉の業者も様々あり、それぞれ設定価格が異なります。
相場も25万から50万と差がありますが、種類によってはコストを抑えられるため、バランスを考えて適切なものを選ぶ必要があります。
また、利用者が一人でもできる環境を作ることが大切です。
病気になり身体が不自由になると、自分一人でできることが少なくなってきます。
そうなると気持ち的にも落ち込んでしまうため、日常生活に欠かせない行動を一人でできることを意識してトイレリフォームをしましょう。

コラム一覧