株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームでの最新トイレの魅力とは

トイレリフォームでの最新トイレの魅力とは

ニューモデルの特徴

ニューモデルの特徴


埼玉でトイレリフォームをする際、予算の問題から最新型は取り入れられないという人もいるのではないでしょうか。
しかし、トイレリフォームは4、5年に1度の高頻度で行うものではないため、お金がかかっても新しいタイプを取り入れることをおすすめします。
最新型の魅力の一つは、節水効果です。
古いタイプは「大」のレバーを回すと1回で13〜20リットル使用しますが、新しいものは4〜6リットルと半分以下で済みます。
水量が少ないとつまりやすいのではないかといったイメージがありますが、洗浄性能が落ちることはありません。
TOTOの最新型は渦を巻くように流れていくため、少ない水量でも有効に使って汚れも効率よく流していくことが可能なのです。
LIXILは便器内を隅々行き渡らせ静かでしっかり洗い流してくれます。
他のメーカーも節水しながら汚れを流せるように作られているため、詰まる頻度が増えるということはないでしょう。

メンテナンスもしやすい

メンテナンスもしやすい


日々のお掃除でも魅力的な部分があります。
どのメーカーも掃除のしやすさに力を入れており、特別な清掃をしなくても常に綺麗な空間を保つことができるのです。
これまでは内側から水が流れる仕組みになっていたため、お手入れがしにくく、汚れが蓄積されやすいという問題がありました。
しかし、最近のものは縁がなく、凹凸が少ないように設計されています。
滑らかな形状になっており、ブラシでゴシゴシと力を込める必要がなく軽く拭き取るだけです。
ウォシュレットはとても便利な機能ですが、潔癖症の人はシャワーノズルが汚れているのではないかというイメージがあるため、利用しない人も少なくありませんが、最近のものは縁裏にあるノズル収納部分も凹凸がないため拭き掃除だけで綺麗になります。
他には、自動で便蓋がしまるなどハイグレードな機能が搭載されているものもあります。
埼玉でトイレリフォームを検討している人は、このような魅力を知った上で検討してみてはいかがでしょうか。
新しいタイプにもメーカーによって特徴が異なるため、迷った時は埼玉の専門業者と相談しながら決めるのも一つの方法です。

コラム一覧