株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームでおすすめの床材とは

トイレリフォームでおすすめの床材とは

おしゃれにするなら

おしゃれにするなら

トイレリフォームをする際に便器の種類だけでなく、その周辺設備も変えようと思っている人が多いのではないでしょうか。
例えば、床材です。
埼玉でもどれにするべきか迷っている人もいるでしょう。
せっかくお金をかけて新しくするのであれば、おしゃれな空間にしたいと思うものです。
おしゃれにするために、壁材や棚などのデザイン選びも大切ですが、床材選びも欠かせないポイントだと言えます。
埼玉でトイレリフォームをする予定のある人は、おすすめを知り参考にしながら決めてみてはいかがでしょうか。
おすすめの一つは、クッションフロアです。
これは比較的安価で、最も利用されている素材です。
色やデザインも豊富にあります。
タイル調やフローリング調、大理石風など好みに合わせて選びやすいでしょう。

メンテナンスのしやすさも重要

メンテナンスのしやすさも重要

フロアタイルもデザイン性が高く、クッションフロア同様にタイル調やフローリング調、大理石風などがあります。
費用はクッションフロアよりも少し高くなります。
タイル張りも人気です。
色やデザインの種類が豊富で、ラグジュアリーな仕上がりになります。
しかし、安価ではないため予算とのバランスを考えなければなりません。
フローリングは廊下とのつながりを重視している人が選ぶ傾向にあります。
おしゃれさだけでなく、掃除のしやすさも考慮して選ぶようにしましょう。
他の部屋は自然無垢な木材を使っているため、統一しようと同じものを選ぶとカビが生えてすぐに汚れて取り替えなければならなくなる可能性もあります。
基本的には水に強く、汚れにくい素材を選ぶのがポイントです。
クッションフロアやフロアタイル、タイル張りは耐水性や耐久性、洗剤に強く、メンテナンスに優れていますが、フローリングは水に弱いという弱点があるため、コーティングしなければなりません。
コーティング方法によっても傷がつきにくい、洗剤やアンモニアに強いなどそれぞれ特徴があります。
このようにおすすめの床材には様々な特徴がありますが、後悔しないために迷った時は埼玉のトイレリフォーム業者に相談しながら決めるのも一つの方法です。

コラム一覧