株式会社 第一住設トップページ > キッチンリフォームについて > トイレリフォームで収納をつくるメリットとは

トイレリフォームで収納をつくるメリットとは

意外に忘れがちなこと

意外に忘れがちなこと

注文住宅を建てたり物件を選ぶ時に、収納スペースにこだわる人が埼玉にも多くいるのではないでしょうか。
階段の下に空いた場所を有効活用することや、調味料や食材のストックを保管できるようにキッチン収納を設ける人も少なくありません。
生活していくとモノはどんどん増えていくため、収納場所はとても大切です。
しかし、意外に忘れがちなのがトイレの空間です。
お掃除道具やペーパーのストック、生理用品などたくさん置くものがありますが、意外にも忘れられてしまう場所なのです。
トイレは、狭いし使いにくいと不満を持っている人もいるのではないでしょうか。
中には、用を足すためだけの場所に不要だと思うかもしれません。
しかしトイレ収納にもメリットがあるため、トイレリフォームの時には検討してみましょう。 トイレリフォームは便器を交換するだけではありません。
空いたスペースを有効活用しましょう。

工夫次第で便利になる

工夫次第で便利になる

トイレ収納といえば吊り戸棚をイメージするでしょう。
頭の上に取り付けられているため、便器の周りが狭くならないというメリットがあります。
しかし、ペーパーのストックが取りにくいなどの不便な点もあります。
便座に座っている時に紙切れになると、立ち上がって取り出さなければなりません。
また、手が滑って便器の中に落ちてしまうかもしれません。
戸棚にたくさん物を詰め込むと、落ちてくるリスクも高くなります。
そこでおすすめなのは、便座に座ったまま手が届く範囲に収納をつくることです。
手洗い場の下やペーパーホルダーと一体になった薄型収納は、壁に埋め込むと狭くならず、スペースが有効活用できるのがメリットです。
しかし、それだけでは物が収まりきらないでしょう。
その場合は吊り戸棚も設置し、頻繁に使うことがないものを保管しておくと効率的です。
あえて見せる収納をつくるのも良いかもしれません。
芳香剤やインテリアは便座の正面にギャラリーをつくって展示すると、おしゃれになります。
埼玉でトイレリフォームをする際は、このような工夫も取り入れてみてはいかがでしょうか。
改善したいけど方法がわからない場合は、埼玉の業者に相談しながら決めると成功するでしょう。

コラム一覧