株式会社 第一住設トップページ > キッチンリフォームについて > キッチンリフォームでの換気扇やレンジフードのポイントとは

快適なトイレ空間をリフォームでつくるポイント

過ごしやすい場所づくり

過ごしやすい場所づくり

埼玉でトイレリフォームを検討している人は、快適な空間をつくるためのポイントを知っておきましょう。
中には、便器を新しいものに交換をするだけで良いと思っている人もいるかもしれませんが、選び方次第で空間が快適になるかどうかが関わってくるのです。
また、住む人の健康にも影響を与える大切な場所であるため、清潔感があることはもちろんです。
小さな子供や高齢者でも安心、安全に落ち着いて使える空間にしてみてはいかがでしょうか。
自宅の構造的にスペースを広げることができなくても、ポイントを知っていれば快適な場所になります。
一つはタンクの有無です。
タンクがないものは埼玉でも人気があります。
スペースが広くなり、見た目もスタイリッシュです。
お掃除するのも楽になるでしょう。
しかし、手洗い場を作らなければならないというデメリットがあります。
また、電気を使って流すため、災害などで停電が起きると他から水を調達して流さなければなりません。
タンクがあるものと比較すると値段も高い傾向にあるため、予算とのバランスを考えて検討してみてください。

建材選びは機能性を重視

建材選びは機能性を重視

便器の交換だけでなく、床や壁も張り替えたい人もいるのではないでしょうか。
デザイン性を重視したいものですが、床や壁は水や薬剤に強い素材を選ぶのがポイントです。
手を洗った時に水が飛び散ったり、尿が飛んだりすることも少なくありません。
それを掃除する際には薬剤も使うため、傷みにくい素材を選びましょう。
床であればクッションフロアやフローリング、タイルです。
特にクッションフロアは安価でデザインも豊富です。
タイルはおしゃれで高級なイメージがあり、耐久性や耐水性に優れていますが、価格が高いためトイレリフォームの予算に余裕がある場合は検討してみてください。
壁はエコカラットを選ぶと、湿気をコントロールしたり、脱臭性も兼ね備えているため、建材としては優秀だと言えます。
また、防汚性や抗菌性などの機能もあれば、汚れやウイルス感染も軽減できるかもしれません。
埼玉でトイレリフォームをするときは、業者と相談しながら決めるのも一つの方法です。
限られたスペースを最大限に活かせる方法を考えてくれるでしょう。

コラム一覧