株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームをする前に確認すること

トイレリフォームをする前に確認すること

失敗しないために気をつけたいこと



埼玉でトイレリフォームを検討している人もいるのではないでしょうか。
最近ではタンクレスだったり、ウォッシュレットのサイドについているボタンを押すだけで便座が上がり、お掃除がしやすものなどハイスペックな製品が多いため、選ぶのが楽しいものです。
しかし、理想だけで決めたり知識がないと失敗に終わってしまうケースも少なくありません。
安いものではないため、失敗しないように確認すべきポイントを知っておくことが大切です。
確認すべきポイントの一つは、床材です。
トイレリフォームの際に床を他の部屋や廊下と合わせたいと考えている人もいるでしょう。
埼玉でもおしゃれにするために床にこだわる人が多いですが、木材はおすすめできません。
無垢材や複合フローリングを選ぶと、あっという間に黒ずんでしまいます。
木材は水に弱く、洗剤や尿が付着すると腐ったり変色するため、見た目はおしゃれですが木材は避けたほうがいいです。

サイズや広さも要チェック



便器のサイズも確認すべきポイントです。 最新は様々な機能が搭載されていますが、タイプによってサイズがそれぞれ違います。
空間の広さは変えることができないため、大きさを考慮せずに機能性だけで選ぶと狭くなって掃除がしにくくなるでしょう。
また、圧迫感を感じて落ち着けない空間になるかもしれません。
そのため、広さをしっかり測ってから選ぶようにする必要があります。
また、20年先を見据えることも大切です。
一度工事をしたら10年以上は使い続けるのが一般的であるため、現状だけでなく20年先を見据えて計画を立ててください。
今は若くても20年も経つと足腰が悪くなっているかもしれません。
親の介護をする可能性もあるため、手すりを設置したり車椅子でも入れるように余裕を持ったスペースを取り入れてみてください。
また、床の傾斜も要チェックです。
問題なく排水ができるように基準勾配というものがあり、便器と配管の間に勾配がないとスムーズに流れていかないため、業者に調査をお願いしましょう。
これから埼玉でトイレリフォームをする予定のある人はこのようなことに気をつけてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧