株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームで最適なトイレのドアに

埼玉のトイレリフォームで最適なトイレのドアに

トイレリフォームでドアを交換するには



埼玉でドアに関するトイレリフォームを検討している場合は、住宅構造や家族構成について配慮する必要があります。
ドアは、トイレの外からも視界に入るため、トイレリフォームでドアを交換するだけでも印象が変わるのです。
その際、見た目だけで選んでしまうと、トラブルに繋がる恐れがあるため、住宅構造や家族構成を考えた上でトイレリフォームを検討しましょう。
考えずにトイレリフォームをすると、家族から不評でやり直しになってしまったり、我慢しながら使用することになったりなど、費用の無駄になってしまいます。
また、ドアだけの交換か、ドアの枠ごと交換かによっても異なるのです。
枠ごと交換する場合は、ドアの回りの壁や壁紙などもリフォームする必要があるため、費用は高くなります。
しかし、枠も一緒に交換すると、統一感をだすことができるでしょう。

介護に適したトイレのドア



トイレリフォームでドアを交換したいと考えている人の中には、開閉ドアから引き戸へ交換したいと考えている人も多いでしょう。 埼玉でも多くのトイレは、開閉ドアが一般的です。
しかし、開閉ドアはバリアフリーの視点から見ると、不便なつくりになっています。
介護の必要な家族がいる場合は、スライドする引き戸タイプへのトイレリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
さらに、トイレはプライベートな空間となっているため、ドアのロックを内側からかけることが多いですが、外側からもロック操作が可能なドアもあります。
内側からしかロック操作をすることができないと、ロックしたままトイレに閉じ込められてしまう恐れがあるのです。
小さな子どもや高齢者と暮らしている家庭では、安全面を意識したトイレリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
トイレリフォームのドア交換では、ただ新しいドアに交換するだけではなく、バリアフリーに適したドアや安全性などを意識しましょう。

コラム一覧