株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉で木を活用したトイレリフォーム

埼玉で木を活用したトイレリフォーム

トイレリフォームで木を取り入れて温かみのあるトイレに



埼玉でトイレリフォームを考えている際には、木を活用したトイレリフォームをしてみてはいかがでしょうか。
木には温かみがあるため、トイレの雰囲気を変えることができるでしょう。
また、介護が必要な高齢者は、トイレにかかる時間も長くなり、木の温かみが心の負担を軽減させてくれる効果も期待できます。
高齢者本人だけではなく、介護をする家族にも言えます。
しかし、トイレは水を使用する場所です。
水を使用するため、湿気が多く、洗浄の水が飛び跳ねるなど、便器の外が濡れることもあります。
タイルのように水を弾く素材であれば、拭き取るだけで汚れを取る事ができますが、木の場合は水分を吸収するため、放っておくと落ちないしみになる恐れもあるでしょう。
さらに、場合によっては、木の腐食に繋がる恐れもあるのです。
特に介護の必要な高齢者がいる場合は、思わぬところが汚れてしまうこともあります。
トイレに木の温かみを取り入れる場合は、素材に注意しましょう。
そして、統一感を出したい場合は、トイレにも他の部屋と同じ床材を使いたくなりますが、トイレは湿気と雑菌が他の部屋よりも多くなるため、同じ素材では耐えられません。

木を取り入れたトイレの注意点



埼玉でトイレリフォームに木を取り入れる際には、水やアンモニアに強いフローリング材を選ぶようにしましょう。
また、木目の化粧シートを利用するという方法もあります。
調湿、消臭機能のついた床材もあるので、埼玉でトイレリフォームを考えている場合は、リフォーム業者に問い合わせましょう。
水やアンモニアに強い床材を使っても、便器とフローリングの隙間から水や汚れが入り込む恐れもあります。
継ぎ目にシリコンを注入するなど、汚れが入り込まない工夫も必要です。
介護の必要な高齢者がいる場合、トイレは重労働になることがあります。
高齢者や介護をする家族の負担を減らすためにも、お手入れが簡単で、気持ちよく使える素材を選ぶ事が大切です。
埼玉のトイレリフォームに木を取り入れたい場合はご相談ください。

コラム一覧