株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームで大切な排水

埼玉のトイレリフォームで大切な排水

埼玉のトイレリフォームは排水に注目しよう



埼玉で、トイレをリフォームする際には、排水について知っておきましょう。
トイレの排水と言っても、2種類の排水方式があります。
そのため、自宅の排水方式に適していない便器を購入しても、使用することはできません。
トイレの排水方式は、床方向に流していく「床排水タイプ」と、便器の後ろから壁方向に流していく「壁排水タイプ」の2種類があります。
床排水は、一戸建てやマンションに多いタイプとなっており、一般的に使われている排水方式です。
床排水の場合は、排水管が便器の下にあるため、目視で確認することはできません。
壁排水は、一部のマンションや公団住宅に多いと言われており、床排水ができない場所にも壁排水にすることで、設置可能になります。
また、狭い空間でも活用することができ、階下に音が響きにくいため、騒音対策にもなると言われているのです。
トイレリフォームをする際には、自宅のトイレの排水方式がどちらなのか確認しましょう。

トイレの排水方式の調べ方



埼玉でトイレリフォームをするにあたって、排水芯や排水の高さの調べ方を知っておきましょう。
排水芯や排水の高さによって、自宅に適したトイレが異なります。
床排水は、トイレの排水管が便器の下にあるため、目視で管の位置や排水芯を確認することができないタイプになっており、便器の後ろに管がない場合は、床排水と考えて良いでしょう。
反対に壁排水は、便器の後ろに壁に向かって排水管を確認することができるため、排水の高さを調べることができます。
床排水は、便器の後ろにある大きなキャップ壁までの距離が排水芯の距離と言われています。
このキャップは、トイレによっては2つあることがありますが、大きいキャップから壁までの距離を調べましょう。
壁排水の場合は、壁側の床から垂直に排水管の中心までの距離が排水の高さとなっています。
また、便器の品番でも調べることができます。
自宅のトイレに適したトイレリフォームを行いましょう。

コラム一覧