株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉でタイルを活用したトイレリフォーム

埼玉でタイルを活用したトイレリフォーム

埼玉でタイルを活用したトイレリフォーム



埼玉でトイレリフォームをする際に、見た目を大きく変えたいのであれば有効なのが床などを新しいものにするリフォームです。
埼玉のトイレリフォームでタイルを使いたいと考える際には、どのようなリフォームにしたいかイメージしておくことが大切になります。
そのためには、デザインや耐久性、掃除のしやすさなどにも違いがあることを知っておきましょう。
トイレに適した耐久性のある材質を知らずにリフォームしてしまうと、耐久性がなく長持ちしない恐れや掃除がしにくいというケースもあります。
また、トイレの床のデザインを変えたいと考える際には、現在の床材がどのようなものを使用しているのか確認してからトイレリフォームを始めましょう。
例えば、埼玉でトイレリフォームをする際には、床の解体をするのにクッションフロアの場合、2000円から3000円程度と言われていますが、フローリングとなると2万円から2万5000円程度の費用がかかります。

トイレの床に使用するタイルを決めるときの注意点



以前は水回りにはタイルが多く使われていましたが、最近では簡単に施工ができるクッションフロアの普及によって、タイルが使用されることも減りました。
しかし、タイルはコストが低く、デザインの種類があるため、注目されている素材です。
トイレリフォームにタイルを取り入れることによって、おしゃれな雰囲気に変えることができます。
一言でタイルと言っても、陶器タイルやせっ器タイル、磁器タイル、フロアタイルなど様々な種類があります。
種類によって吸水率や耐久性が異なり、用途も変わってきます。
また、最近では機能性のあるタイルもあり、調湿効果や気になるトイレの臭いを解消する脱臭効果があるものも誕生しています。
さらに、掃除などがしやすくなっているタイルもあるため、タイルを活用することで、快適にトイレを使うことができるでしょう。
タイルを活用したトイレリフォームを検討している人は、第一住設に一度ご相談ください。
埼玉の第一住設は、アフターサービスがあり、自社職人による直接施工を行います。

コラム一覧