株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉の団地でトイレリフォーム

埼玉の団地でトイレリフォーム

埼玉の団地でトイレリフォーム



同じ家に長年暮らしていると、色んなところが老朽化していきます。
持ち家であれば自分がしたいと思った際に、リフォームすることはできますが、団地などの集合住宅の場合は話が異なるでしょう。
埼玉の団地に住んでいる人で、トイレリフォームをしたいと考えている人もいるでしょう。
しかし、団地であるために諦めてしまっているのではないでしょうか。
まず、トイレリフォームをする上で確認しておきたいのが管理規約です。
団地は自分の家ではない上に、多くの人が生活する集合住宅になります。
そのため管理規約というものが設けられており、専用部分と共用部分というものが明確に決められています。
リフォームをする際には、管理規約を守る必要があるため、管理規約について確認を行ってトイレリフォームを進めましょう。
さらに、排水方式についても確認が必要です。
排水方式によって床排水と壁排水に分けられ、トイレの便器交換などをする際には排水方式を確認した上で、その排水方式に合った工事の進め方を行っていきましょう。

団地のトイレリフォームについて



まず、団地のトイレというと、古いタイプのものが多く、見た目の劣化や洗浄の際にかかる水の量が多いので、水道代が多くかかっていることがあります。
そのため、新しい便器に交換することによって、節水タイプのトイレが多くなっているため、洗浄の水の量を節約できます。
また、古いタイプに比べて便器が汚れにくくなるというメリットもあるのです。
団地に住んでいる人は、高齢者も多く、バリアフリー向けのトイレにリフォームしたいという人も少なくありません。
高齢者にとってトイレのわずかな段差も危ない箇所になるため、バリアフリーにして高齢者でも利用しやすいトイレリフォームが人気あります。
埼玉の団地に住んでいる人で、これからリフォームをしたいと思っている人は、管理規約と排水方式を確認した上で、トイレリフォームを行っていきましょう。

コラム一覧