株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 悪臭問題を解決する埼玉のトイレリフォーム

悪臭問題を解決する埼玉のトイレリフォーム

トイレリフォームで悪臭を解決しよう



古いトイレや、掃除をおろそかにしてしまったトイレは悪臭が発生します。
トイレの悪臭は、排尿時に跳ねてしまった尿がトイレの床や壁に付着し、時間が経過すると有機物が腐敗分解するためアンモニア臭が発生するのが原因です。
特に、男性は立って排尿するため、尿が跳ねてしまうことが多くなります。
埼玉で、トイレの悪臭問題に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
悪臭問題を解決するために、トイレリフォームをしましょう。
ただ、新しいトイレに替えるリフォームではなくハイドロテクトという技術が使用されているトイレに替えます。
またハイドロテクトという技術は、光触媒を利用したもので、汚れを分解し水に溶けやすくする技術のことです。
そのため、ハイドロテクトを床や壁に使用すると尿が跳ねてしまっても、雑菌の発生、繁殖を抑制し、汚れを分解します。
悪臭問題を解決し、汚れてしまった場合もすぐに綺麗に落とせるため、掃除が楽になるといったメリットがあるのです。
埼玉で悪臭問題に悩まされている人は、ハイドロテクトを使用してみてはいかがでしょうか。

悪臭が発生する原因



悪臭問題は、尿が床や壁に跳ねることだけが原因ではありません。
封水トラップの封水が切断されていたり、奥から悪臭が発生していたり、排水管が下水管に正しく接続されていないなどの原因も考えられます。
トイレ以外にも悪臭が漂っている場合は、排水管が下水管に正しく接続されていないことが多いでしょう。
また、封水が切断されたことにより、悪臭が発生している場合は便器内や床の排水口に水を流すと改善されることがありますが、水を流しても悪臭が解消されない場合は、他に原因がある可能性が高いです。
トイレリフォームをした際に、便器を交換することがありますが、便器を交換したときに排水管の接続不良が発生することがあります。
トイレリフォームはどの業者に任せても同じイメージがありますが、悪臭の発生を防ぐためにもしっかり、業者を選ぶことが大切です。
埼玉でトイレリフォームを検討している人は、株式会社第一住設にお任せください。

コラム一覧