株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームでフタを自動開閉に替えるメリット

埼玉のトイレリフォームでフタを自動開閉に替えるメリット

自動開閉のメリット



埼玉でトイレリフォームを考えている人は、自動開閉に替えてみてはいかがでしょうか。
自動開閉は、便器に近づくと検知して自動でフタが開き、便器から離れるとフタが閉まります。
最近のトイレは、自動開閉機能が搭載されているトイレが多いでしょう。
自分でフタを開け閉めする必要がないためとても楽です。
埼玉でもトイレリフォームで自動開閉に替える人がいますが、他にもメリットがあるため、自動開閉を取り入れてみてはいかがでしょうか。
自動開閉のメリットは、手がフタに触れないためとても清潔です。
洗浄時の水跳ねを防ぐことができるため、ノロウィルスなどの感染症予防にもなります。
また、フタが開いていることが気になる人もいるでしょう。
家族の中に、使用後にフタを閉めない人がいると気になりますが、自動開閉であればフタを閉め忘れることがありません。
特に、冬場は暖房便座フタを利用しますが、自動開閉で閉めることにより保湿性が高まり、節電効果が期待できます。
高齢者はフタの開閉にかがまなければなりませんが、自動開閉の場合は中腰になる必要がなく、負担が掛からないメリットもあるのです。

トイレを快適に



建物が古い場合は、トイレも古く使いにくいと感じます。
トイレリフォームをして、自動開閉を取り入れましょう。
自動開閉にしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。
自動開閉と手動開閉のコストを比較すると、手動開閉の方が安いですが、一度使用するととても便利であるため、慣れてしまうと手動開閉が面倒に感じるはずです。
また、自動開閉が使いにくい、子供をしつけるために手動開閉が良いという人にも、自動開閉はスイッチを切れば手動開閉になるため、自動開閉に替えておくことをおすすめします。
フタの自動開閉は特別必要な機能ではありませんが、毎日使用するものであり、あるのと無いのでは大きな差を感じるはずです。
少しリフォームするだけで、暮らしが快適になります。
来客があった場合も、使いやすいと感じてもらうことができるでしょう。
埼玉でトイレリフォームをするなら、株式会社第一住設にお任せください。

コラム一覧