株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > トイレリフォームにおける床材について

トイレリフォームにおける床材について

トイレリフォームの際に床材も交換しよう



埼玉でトイレリフォームを検討している人は、床材にもこだわってみてはいかがでしょうか。
トイレリフォームをするきっかけは様々ですが、トイレは1日の中でも使用頻度が高いため、トイレリフォームで快適で使いやすいトイレにすることが大切です。
特に、床材は耐久性に関わってきます。
それだけでなく、水や汚れなどからダメージを受けない耐久性機能がある床材を使用するのがトイレを快適にするポイントです。
選ぶ床材によって、トイレ掃除も楽になるでしょう。
埼玉に住んでいる人で、これからトイレリフォームを行う場合は、トイレの床材の選び方を知っておくことをおすすめします。
トイレリフォームでストレスのない空間を手に入れましょう。

床材を選ぶポイント



床材はおしゃれなものや機能性を備えたものを選びたいものです。
床材を選ぶポイントのひとつに、水だけに強い床材を選ばないことが挙げられます。
掃除を行う際の洗剤や、アンモニアに耐久性がある床材を選びましょう。
また、耐用年数もポイントです。
耐用年数が低い床材を選ぶと、何度もトイレリフォームが必要になります。
臭いも大切なポイントです。
トイレは臭いが気になる場所であるため、清潔で臭いに強い床材を選びましょう。
おすすめの床材はクッションフロアです。
耐久性、防汚性、耐用年数、掃除のしやすさ、臭いなどすべてにおいて優秀な床材であり、トイレリフォーム費用も他の床材と比べて安いといった特徴があります。
工事も簡単であるため、作業時間も短時間で終わるでしょう。
トイレリフォームの費用は関係なく、見た目と機能性を重視したい人はタイルがおすすめです。
タイルは高級感があり、クッションフロアと同様に耐久性や防汚性、耐用年数、掃除のしやすさ、防臭性などに優れています。
しかし、タイルを取り入れる際は便器も同じタイミングで交換しなければなりません。
床材だけタイルに変更することができないため、トイレ全体をリフォームする際に床材をタイルに変えてみてはいかがでしょうか。
埼玉のトイレリフォーム会社と相談し、おしゃれで機能性がある床材を選んでみてください。

コラム一覧