株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームで収納を作るポイント

埼玉のトイレリフォームで収納を作るポイント

トイレリフォームの時に収納を作ると便利



一日何度も使用するトイレの利便性を高めるために、トイレリフォームも検討している人も多いのではないでしょうか。
快適にトイレを使うためには、デザインや便器のサイズも重要ですが、トイレの収納の確保も大切なポイントになります。
収納スペースがトイレ内にないと、ごちゃごちゃした空間になってしまい、実際のトイレの広さを有効活用できずに、狭く感じてしまうでしょう。
それを防ぐためにも賢く収納スペースを設け、トイレットペーパーの予備分や掃除用のアイテムなどを置くことで、綺麗に見えるだけではなく、快適にトイレが使えるようになります。
以前は、トイレの天井付近に戸棚を設けて、収納しているケースが多くみられました。
しかし、その場合一度立ち上がるなど、手間が増えてしまうのではないでしょうか。
最近のトイレリフォームでは、便座に座ったまま手の届く範囲に収納ボックスを設けるケースが増えています。
自分で後付けの収納ボックスを設置すると、空間が圧迫されて邪魔になってしまいますが、トイレリフォームの際に壁に埋め込むことで、トイレの空間を圧迫することなく、快適な収納を確保することができます。
埼玉でも人気で、リフォームする際には押さえておくべきポイントです。

埼玉のトイレリフォームでも収納は重要



埼玉の住宅においても収納を重視したトイレリフォームが行われており、キャビネット一体型トイレも注目を集めています。
キャビネット一体型トイレは、タンクの両脇にあるスペースを無駄なく収納スペースにすることができます。
トイレットペーパーや掃除道具などを収納することで、トイレがすっきりとした印象になるのです。
元々のトイレの大きさやトイレ内に置いておきたい物の種類に応じて、トイレリフォームを行うこともポイントの一つでしょう。
第一住設は、埼玉をはじめとした関東エリアで自社職人が高い施工技術によりリフォームを行っています。

コラム一覧