株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームで狭い空間を最大限に活かすトイレに

埼玉のトイレリフォームで狭い空間を最大限に活かすトイレに

トイレリフォームをして空間を上手に活用



埼玉の都市部に住宅を構えている場合は、あまりトイレに割くことができる面積は少なく、狭いと感じてしまいがちです。
しかし、トイレは家族全員が日常的に使い続けるもので、ドアを閉めると密閉空間になってしまうため、狭い空間を最大限活かすことが大切です。
埼玉の第一住設は、過去に数々の住宅のトイレリフォームを手掛けており、狭い空間の有効活用ができます。
同じ面積のトイレであっても、内装次第で快適さを感じることもあれば、逆に圧迫感があると思えてしまうため、気をつけましょう。
壁紙や床、便器の色を工夫することによって、圧迫感がなく、広く感じることができます。
空間を最大限活かすためには、タンクが目立ちにくく圧迫されにくい製品を選ぶことが大切です。
少しの工夫でトイレを広く見せることもできるので、埼玉の第一住設にご相談ください。

トイレリフォームで圧迫感のないトイレに



以前に比べて、都市部では住宅の面積が狭くなり、それに伴いトイレ空間の活用を考えられるようになりました。
少しでも広く感じたいということでトイレリフォームをすることもあるため、内開きタイプのドアではなく、外開きに変更する例もあります。
また、収納部分の中にトイレのタンクを入れ、空間の有効活用をして、尚且つ利便性を高めることもトイレリフォームでは可能です。
他にも、タンクレストイレであれば、元々タンクがないので空間を活用することができます。
便器の横サイズや奥行きサイズに配慮をし、圧迫感がそれほどない色の壁紙に変更することで、トイレ使用時に広く感じるでしょう。
さらに、ウォシュレットなどのリモコンを便器の横ではなく、壁付きリモコンに変更なども空間を活用することができるのです。
トイレ面積の拡大が難しい場合でも、トイレリフォームによって、狭い空間を賢く活用して使い心地をアップすることができます。
埼玉や関東周辺でリフォームされる際には、第一住設にお任せください。

コラム一覧