株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームで掃除がしやすく、汚れにくいトイレに

埼玉のトイレリフォームで掃除がしやすく、汚れにくいトイレに

トイレリフォームの際は床も張り替えよう

バリアフリーにトイレをリフォーム

トイレが汚れていると、悪臭や雑菌の繁殖の原因となります。
トイレリフォームを行うと綺麗になるだけではなく、掃除がしやすいトイレになります。
トイレリフォームは便器の交換だけではなく、同時に床や壁のリフォームも行うことが一般的です。
床を張り替えることで、悪臭や雑菌の繁殖の原因をなくし、快適に過ごせる空間にすることができます。
トイレの床が汚れてきた、和式から洋式に変えたいという方は、綺麗な床に張り替えてみてはいかがでしょうか。
トイレの床を張り替える際にはポイントがあります。
トイレの床の素材選びなどは、掃除のしやすさにも関わってくるため、ポイントを押さえておきましょう。

床選びのポイント

床選びのポイント

トイレの床には様々な種類があり、素材によって特性や使い勝手も異なります。
トイレの床は、飛沫や埃などで汚れてしまいがちですが、拭き掃除で簡単に拭き取れるような素材を選びましょう。
防水性のある素材や、抗菌、防カビなどの機能があると、掃除が簡単で、綺麗を保持できます。
クッションフロアは、抗菌、防カビ、防汚の機能があり、耐水性にも優れています。
汚れも付きにくく、汚れを落としやすいという特性がありますが、さらに柔らかい素材であるため足腰にも優しいです。
一般的によく選ばれている床は、フローリングです。
表面の加工によって防水性や防汚加工、耐傷性をつけたフローリング素材もあります。
掃除が最もしやすいのは、タイル素材の床です。
耐久性や耐水性に優れており、床暖房を取り入れることができるタイプもあります。
また、セラミックも掃除がしやすい素材です。
雑菌を分解する機能があり、拭き掃除だけで綺麗になります。
それぞれの床の素材に特徴があるため、比較し、検討してください。
埼玉で、トイレリフォーム業者を探している方は、第一住設に一度ご相談ください。
埼玉の第一住設は、価格や施工に自信があります。
第一住設は、施工実績が5000件以上ありますので、ご安心ください。

コラム一覧