株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のリフォームで自宅のトイレをバリアフリーに

埼玉のリフォームで自宅のトイレをバリアフリーに

バリアフリーにトイレをリフォーム

バリアフリーにトイレをリフォーム

高齢化が進む中で、住宅の重要な課題となっているのがバリアフリーです。
歳を取り、体が不自由になると少しの段差でも躓いて怪我をしてしまうことがあります。
そのため、段差がたくさんあるような住宅は、高齢者にとって暮らしにくく感じてしまうでしょう。
また、歳を取ると家でのんびりと過ごすことが多くなり、トイレを使用する回数も増えます。
毎日必ず使うトイレは、使いやすく清潔で快適なスペースにしたいものです。
高齢になった家族のことを考えて、トイレをバリアフリーにリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
バリアフリーにするためのトイレリフォームには、ポイントがあります。
今後介護や車椅子が必要になった場合にも、対応できるようにトイレリフォームを行いましょう。
トイレスペースが快適になると、高齢者にとって暮らしやすさが大きく変わります。

トイレリフォームのポイント

トイレリフォームのポイント

トイレリフォームのポイントは、それぞれの身体状況に合わせてトイレスペースを確保することです。
杖や介護者の支えがあり、自分で歩いていける場合は、便座前方を60cm以上、便座側方を50cm以上、出入口のサイズを75cm以上程度確保しましょう。
車椅子を使用し、自力で走行できる場合は、便座前方を85cm以上、便座側方を70cm以上、出入口を80cm以上確保してください。
車椅子で介護者の補助が必要な場合は、便座前方を85cm以上、便座側方を100cm以上、出入口を80cm以上必要です。
出入口は、障害なく通れるようにリフォームすることもポイントです。
スライド式のドアや、段差をなくす、外からも鍵が開けられるなどの工夫をしましょう。
また、手すりは体を支えるために非常に重要な役割があるため、欠かせません。
トイレに行く際の動線を考えて、適切な手すりを設置します。
埼玉にはリフォーム業者がたくさんあるため、業者選びに迷う人が多いのではないでしょうか。
埼玉でトイレリフォームを考えている人は、第一住設に一度ご相談ください。
埼玉の第一住設は、アフターサービスにも力を入れているため安心です。

コラム一覧