株式会社 第一住設トップページ > 日々の生活を快適にするトイレリフォーム > 埼玉のトイレリフォームでタンクレストイレにするメリット

埼玉のトイレリフォームでタンクレストイレにするメリット

自宅のトイレをタンクレストイレにリフォーム

自宅のトイレをタンクレストイレにリフォーム

トイレリフォームをするにあたって、タンクレストイレを検討する人が多いでしょう。
タンクレストイレは、便器の後ろにタンクがないトイレのことを指します。
人気のタンクレストイレの最大のメリットとしては、便器の後ろにタンクがないため、圧迫感がなく、広々と感じられる点が挙げられます。
そのため、狭いトイレ空間を広く使うことができるのです。
タンクのスペースがあるのとないのでは、トイレ空間においては大きな差となるでしょう。

通常のトイレと比較したタンクレストイレのメリットについて

通常のトイレと比較したタンクレストイレのメリットについて

タンクが便器の後ろにある普通のトイレと、タンクレストイレの違いは、水の取り入れ方と洗浄方法が異なります。
通常のトイレは、タンクの中に水を貯めて洗浄しています。
タンクレストイレは、タンクがない分、給水栓から直接水を取り入れて洗浄しているのです。
そのため、タンク式のトイレとは違い、タンクに水が貯まるまで待つ必要がありません。
タンクレストイレは、連続で洗浄することができるのが特徴でしょう。
タンクがないため、広々と使える以外にも、タンクの圧迫感がなくトイレ空間がスタイリッシュに見えます。
トイレをおしゃれな空間にするためには、タンクレストイレへのトイレリフォームがおすすめです。
また、タンクレストイレはもちろんタンクがないため、タンクの掃除をする必要がありません。
通常のトイレは凸凹が多く、ホコリや汚れの掃除が大変ですが、タンクレストイレは、パネルに覆われているため凸凹が少ないというメリットがあるので、楽に掃除ができます。
また、トイレの床掃除をする際にも、タンクの高さが邪魔になることがありますが、タンクレストイレであれば、その心配もなくトイレの床掃除ができるでしょう。
通常のトイレと比べてメリットが多いタンクレストイレは、トイレリフォームの際に選ばれることが多い理由も納得できます。
埼玉や関東でタンクレストイレに、トイレリフォームをお考えの方は、第一住設へご相談ください。

コラム一覧