蕨市 LIXIL リフォレI型 H4グレード

ご覧いただきありがとうございます、さいたま営業所の五十嵐です。

本日ご紹介させていただくのは、LIXILのキャビネット付トイレのリフォレです。

 

元々LIXILのアメージュZにパッソの組み合わせでのご検討でしたが、見た目をスッキリさせたいのと収納がほしいとのことでリフォレのI型に決まりました。

 

お使いのおトイレは特にトラブルもなかったのですが、古くなったからということで交換を考えたとのことです。

一つネックなのがコンセントの位置。スッキリさせるためにはコンセントの位置をずらすか、目立たなくさせるかなのですが・・・。

 

施工後がこちら。

便座蓋を閉めた状態の写真を撮り忘れました!(ブログで紹介しようと思っている所にかぎって、施工前か施工後の写真を撮り忘れたり、ブレてて使えなかったり・・・。みなさんもそんな経験はないでしょうか?僕は頻繁にあります!)

リフォレのいいところとして、アクアセラミックというコーティングが標準で便器に施してあります。

ツルツルというよりトゥルントゥルンという表現が合いそうな感じです。

 

コンセントは、位置を変えずに巾木と同色系のモールで目立たなくさせました。

扉との干渉部分はカットして隙間が開かないようにしています。

コンセントを使いたいということで、2口のプラグを使用して延長コードも防水パッキン仕様の物を用意しました。

 

右側の収納

通常は棚は左右1つずつなのですが、左側は棚が設置できないので2つつけてあります。

扉を開けて電源コードやプラグが見えるとスッキリしないので、便器裏に余ったコード類は収納してあります。

 

左側の収納

止水栓と給水管の位置的に棚は設置不可でした。長尺物などは収納できるので無駄にはなりません。

 

パッソ系の特徴である横長のリモコンです。

※グレードごとの機能の違いは、お気軽にご相談ください。

 

今回は全てコミコミで¥299,000円で施工させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

This entry was posted in INAXトイレリフォーム, 埼玉県の事例. Bookmark the permalink.

Comments are closed.