頑固な汚れを落す! 浴槽の「水垢」と「皮脂汚れ」の掃除方法

頑固な汚れを落す! 浴槽の「水垢」と「皮脂汚れ」の掃除方法

 
浴槽を綺麗な状態に保つことで、いつでも気持ちよくお風呂に入ることができます。
ただ、忙しくて時間がない時など、隅々まで徹底してお風呂掃除をすることが難しい場合もあるでしょう。浴槽についた水垢や皮脂などの汚れは、時間の経過によって取れにくくなってしまうので注意が必要です。
ここでは、浴槽の汚れをしっかりと落すお掃除のコツをご紹介します。
 

「水垢」や「皮脂」に対応する泡タイプのお風呂用洗剤を使用する
浴槽についている水垢や皮脂などの汚れの中には、お風呂用洗剤で落ちるものもあるので、まずは落ちやすい汚れから洗い流しましょう。
おすすめなのが、水垢や皮脂の汚れを落とす泡タイプの洗剤です。汚れが気になるところに泡を吹きつけることで、汚れを浮かせる効果が期待できます。うまく汚れを浮かすことができれば、汚れを落す際に力を入れて擦らずに済むので浴槽に傷がつくのを防ぐことができますよ。
 

また、使用するスポンジはできるだけ柔らかいものがおすすめです。
水垢をよく落すことで知られるメラミンスポンジは、浴槽に細かい傷がつくことがあるので、使用を控えた方が良いかもしれません。
 

さらに、お風呂用洗剤を使用する際は、ガスが発生すると危険なのでくれぐれも酸性とアルカリ性の洗剤を混ぜて使用しないように気をつけましょう。
 

お風呂掃除の際は、洗剤以外にも汚れを落ちやすくする重曹やクエン酸などの成分も単独で使用するようにして、ほかのものと併用しないことが大切です。
 

「アルカリ性の水垢」はクエン酸を使用する
いつものお風呂掃除の方法では落ちない頑固な水垢には、クエン酸を使ってみると良いでしょう。水垢はアルカリ性なので、クエン酸を使うことで汚れが落ちやすくなります。
 

手軽にお掃除したい時には、クエン酸スプレーを作っておくのがおすすめ。作り方はとても簡単で、水100mlと小さじ半分のクエン酸を混ぜあわせたものをスプレータイプの容器に詰めるだけ。
 

汚れが気になるところにクエン酸スプレーを吹きつけたら、1~2分ほど時間をおいてスポンジで丁寧に擦ります。その後、お湯をかけて汚れを洗い流しましょう。
クエン酸を使用する際は、塩素系の洗剤を使用すると有害なガスが発生して危険なので、絶対に併用しないように気をつけましょう。
 

「頑固でなかなか落ちない水垢」には酢を使用する
クエン酸でも落ちない頑固な水垢には、酢を使用するのが効果的です。
ただし、酢はクエン酸よりも酸度が強いので、使用しても大丈夫な浴槽かどうかを確認しておくことが大切です。
 

酢はそのまま使用するのではなく、水で薄めて使用しましょう。
まずは酢と水を1:1の割合で薄めたものを汚れが気になるところにかけて、スポンジで擦ります。それでも落ちなければ、少しずつ酢の濃度を濃くしていきましょう。汚れが落ちたらお湯で洗い流します。
 

「酸性の皮脂汚れ」は重曹を使用する
皮脂は酸性の汚れなので、重曹を使用することで汚れが落ちやすくなります。
お掃除で重曹を使いやすくするため、最初に重曹のペーストを作ってみると良いでしょう。ペースト状にすることで、浴槽の側面なども簡単にお掃除することができますよ。
作り方は簡単で、お湯200cc~300ccの中に重曹を大さじ2杯と片栗粉を大さじ2杯入れるだけ。
重曹のペーストができ上がったら、汚れが気になるところに丁寧に塗って、1~2分ほど時間をおきます。スポンジで擦って汚れが落ちたら、お湯でしっかり洗い流しましょう。
 

頑固な汚れを落す! 浴槽の「水垢」と「皮脂汚れ」の掃除方法

 
水垢や皮脂などの汚れが浴槽にこびりつくと、通常のお掃除の方法ではなかなか落ちない場合があります。
浴槽のお掃除は毎日こまめにすることが大切ですが、頑固な汚れを落したい場合にはご紹介したお掃除方法をぜひ試してみてください。
 

This entry was posted in お風呂・ユニットバスのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.