トイレットペーパーの「平均使用量」&「衛生的な理想量」は?

トイレットペーパーの「平均使用量」&「衛生的な理想量」は?

 
毎日必ず使用するトイレットペーパーは、減りが早いと使用量が気になってしまうもの。
あまり使いすぎてしまうとトイレットペーパーがもったいないですし、少なすぎると衛生面での不安を感じてしまうこともあり、どのくらいの量を使うべきかが悩みどころですよね。
今回はトイレットペーパーの平均使用量や、衛生面で理想とされる長さなどについて紹介していきます。
 

1回・1日にどのくらい? トイレットペーパーの平均使用量とは

 
日本トイレ協会の発表によると、トイレットペーパーの1回平均使用量は80cmであるそう。
1ミシン目が10cm程度と考えると、約8ミシン目分が平均的な使用量ということです。
 

男女別の1日量の平均だと女性は12.5m・男性は3.5mとされており、やはり小便でもトイレットペーパーを使用する女性の方がたくさんの紙を使用していると考えられます。
1日の男女平均使用量では8mほどなので、1人の人間が約7.5日間で1ロール(60cm)程度の量を使用している計算になりますね。
 

また全国家庭用薄紙工業組合連合会の調べによるとシングルとダブルの平均使用量では、小便の時にはシングル89cm・ダブル66cm、大便時にはシングル177cm・ダブル146cmとなっています。
シングルは1ロール60mでダブルは1ロール30mであるため、大便の使用量で割るとシングルは約34回拭けるのに対しダブルは20回とシングルよりもかなり少なくなっています。
そのためダブルを使用する際には、なるべく意識して紙を少なめに取るよう注意すると良いでしょう。
 

ただ、もちろんトイレの回数やトイレットペーパーの使用量には個人差がありますし、ウォシュレットがあるかどうか・大便の状態などさまざまな要因がトイレットペーパーの消費には関わっています。
1ロールを使い切るスピードに関しては家庭によって大きな差があり、国によっても変わるようです。
アメリカのKimberly-Clark社の研究ではアメリカ人の1回に使うトイレットペーパーの平均使用量は50cm程度であると発表されています。
 

衛生面で理想とされるトイレットペーパーの長さとは?
トイレットペーパーの「平均使用量」&「衛生的な理想量」は?

 
医学博士である青木皐さんの著書「ここがおかしい菌の常識」によると、大便中にある「大腸菌」は普通トイレットペーパーを通過し手に付着してしまうそうです。
トイレットペーパーを何枚重ねると手に大腸菌が付かないのかという実験では、なんとトイレットペーパーが36枚目にして始めて菌が付かなくなるという結果も。
 

しかし毎回トイレットペーパーを36枚も重ねて使うのは常識的な数字ではなく、資源やコストの無駄遣いであるといえます。
また考えなければならないのは大便後の手に大腸菌が多少残っていても、私たちは毎日毎日食中毒にはならないということ。
これは私たちの皮膚にいる「皮膚常在菌」が大腸菌を攻撃し、健康を守ってくれているため。
皮膚では常在菌のおかげで大腸菌が繁殖できないため、私たちは食中毒にならずに済むのです。
 

トイレ後に手を洗うことは大切ですが、あまり手をこまめに洗いすぎると常在菌を殺してしまうため、悪い菌が繁殖する原因になることもあります。
トイレットペーパーの使用量は平均的な長さを保つようにし、日常生活の中で常在菌を殺菌しすぎないよう気をつけてみてはいかがでしょうか。
 

This entry was posted in トイレのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.