お風呂は1回あたりどれくらい水を使う? 節約する方法は?

お風呂は1回あたりどれくらい水を使う? 節約する方法は?

 
水道代やガス代、電気代など、いわゆる光熱費と言われる費用は、気を付ければ意外と節約できるもの。
光熱費が節約できれば、生活に余裕ができて食費や交際費などに回せるお金もできてきますよね
 

今回は、水道代に注目してみましょう。
水道代で一番気になるのはやはりお風呂ではないでしょうか。1回の量が料理などと比べると多いですから、水道代も当然高くなります。
 

ところで、お風呂1回につきどれくらい水を使っていて、どれだけのお金がかかっているのか知っていますか?
 

■お風呂1回の水道代ってどれくらい?
お風呂1回の水道代ってどれくらい?

 
一般家庭の浴槽にお湯をはるには、1回で約200ℓの水が必要です。
200ℓをためると水道代は35円ほどかかります。
1ヶ月毎日ためると仮定すると、35円×30日=1,050円、1年間毎日ためると35円×365日=12,775円。お風呂だけでこれだけの水道代がかかっているのです。
 

浴槽にお湯をためずにシャワーを使っているという場合は、大体20分シャワーを使うと浴槽にお湯をためたのと同じだけ水を使っていることになります。
シャワーで髪や体を洗ってからお湯に浸かるという人は、おそらく1回につき50~70円ほど水道代がかかっていることになるでしょう。
1回の金額だけ見ると「なんだ、たったの35円か」と思うかもしれませんが、お風呂は毎日入るものですし、水道代はお風呂以外にもかかっていますので合算すると結構な金額になります。
 

ちなみに、ガス代は200ℓの浴槽にお湯を貯めた場合約70円かかります。
つまり1日1回お風呂に入ると105円、1ヶ月で3150円かかることになりますね。

 

■お風呂の水道代を節約するには!?
お風呂の水道代を節約するには、まずはシャワーをこまめに止めること。
また節水タイプのシャワーヘッドに取り換えるなど、シャワーで工夫をしましょう。
髪や顔を洗うときにシャワーを出しっぱなしにしていては余計な水道代がかかってしまいます。
 

また、浴槽のお湯を節約するためには、水をいっぱい入れたペットボトルをいくつか浴槽に浮かべるという方法もあります。
前日のお風呂のお湯をペットボトルに入れて翌日に浴槽に浮かべれば、ちょっと手間はかかりますが水道代の節約になるでしょう。
 

お風呂の水道代を節約するのと同時に、追い炊きを控えたり、風呂釜にふたをしたりといった工夫もすれば、ガス代もあわせて節約できるはずです。
1ヶ月で考えると数百円~数千円の節約ですが、1年、5年、10年単位で考えればかなりの節約になりますので、日々の節約を頑張ってくださいね。
 

This entry was posted in お風呂・ユニットバスのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.