知ってる人はあまりいない? トイレの色が白いのはなぜ!?

知ってる人はあまりいない? トイレの色が白いのはなぜ!?

 
みなさんの家のトイレは何色ですか? また、会社や買い物の途中で立ち寄ったお店のトイレは何色でしたか?
普段あまり意識することはないかと思いますが、よく考えてみるとほとんどのトイレは白ですよね。白以外のトイレを見たことがあるという人のほうが少ないかと思います。
 

最近では、オーダーメイドのトイレで色がついたものもありますが、トイレの色は白がスタンダード。
しかし、なぜトイレは白が多いのでしょうか? トイレが白いのにはわけがあるのでしょうか?
 

■清潔感を感じる色だから
トイレが白である理由はいくつかあると考えられていますが、最も有力なのが「清潔感を感じる色」だということでしょうか。
どうしてもトイレというと、「不潔」「汚い」というイメージが先行しがちですよね。
そのため、便器や便座の色を白にして、できるだけ明るさや清潔感が出るようにしていると考えられます。
 

また、白は汚れが目立ちやすいので、こまめに掃除をしようと思うものです。
トイレは常に清潔にしておかなくてはいけませんから、掃除のことを考えたときにも、白であったほうが便利なんです。
 

■購入者の好みの色をリサーチした結果
住宅を購入する人や、トイレのリフォームを考えている人を対象に「トイレの色は何色が理想的ですか」とリサーチしたところ、白の人気が高かったため、トイレは白系統の色味が多くなっているという説もあります。
 

白ならば、トイレの壁や便座カバーなどの色が何色でも合わせやすいですし、どんなテイストの内装でも合うため人気が高いのでしょう。
トイレの色がベーシックな白なら、モダンな雰囲気にもカジュアルな雰囲気にもでき、飽きが来ることもないかと思います。

 

■排せつ物がチェックしやすく健康状態をはかりやすい
排せつ物がチェックしやすく健康状態をはかりやすい

 
排せつ物は、毎日見ることで健康状態をチェックすることができます。
病院や介護施設などでも、看護師さんや医師は排せつ物によって患者さんの健康状態を確認していますよね。
尿の色がいつもと違うことで、体調不良が発見できたりするからです。
排せつ物が見やすいという点でも、便器は白のほうが便利だと言えるでしょう。
病院や介護施設をはじめ、公共の施設のトイレはほとんどが白ですから、利用することがあればぜひチェックしてみてください。
 

デザインの面でも、利便性の面でも、トイレの色が白が選ばれることが多い理由がわかりますね。
ちなみに、日本だけでなく海外でもトイレの色は白であることが多いです。
もし海外旅行に行く機会があったら、ぜひトイレの色を見てみてください。
 

This entry was posted in トイレのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.