意外と知らない豆知識「トイレ」の語源とは?

意外と知らない豆知識「トイレ」の語源とは?

 
日常生活になくてはならない「トイレ」ですが、その語源や由来などについてご存じでしょうか。
今回は「トイレ」の語源や「WC」の意味、日本で昔使われていた「トイレ」のさまざまな呼び名などの「トイレの豆知識」について紹介していきます。

 

「トイレ」の語源は?
日本で言う「トイレ」は、英語の「toilet room(トイレットルーム)」が語源となっている言葉です。
 

しかし実はアメリカなどでは、トイレを「toilet room」と表現することはほとんどなく、「bath room(バスルーム)」と呼ばれることが多いですね。
日本人にとっては「bath room」はお風呂のイメージが強い言葉ですが、アメリカなどの家庭やホテルではお風呂場とトイレは一緒の部屋にあるため「bath room」と表現されることが一般的です。
またアメリカでは「bath room」の他に、休憩所という意味を持つ「rest room(レストルーム)」が使われることもあります。
 

実は「トイレ」の語源となった「toilet」は「化粧」や「身支度」を表す「toilette(トワレット)」というフランス語から来ているものです。
日本でもトイレのことを「化粧室」と表現することもあるのは面白い共通点ですよね。

 

トイレを表す「WC」の意味は?
よく「WC」と表記される「トイレ」ですが、このWCの意味や元の言葉を知らないという方も実は多いのではないでしょうか。
「WC」は「water closet(ウォータークローゼット)」の略で、そのまま和訳すると「水洗の小部屋」という意味になります。
しかし実はこの「Water closet」という言葉は和製英語なので、英語圏ではあまり通じないこともあります。

 

日本で昔使われていた「トイレ」のさまざまな呼び名
日本で昔使われていた「トイレ」のさまざまな呼び名
 

・厠(かわや)

時代劇などで耳にすることも多い「厠」という呼び方は、奈良時代に用を足すために作られた「川の上の小屋」を「川屋」と読んだことから始まったという説があります。
また昔は室内ではなく母屋側にトイレを設けるのが一般的だったため「側屋(かわや)」と呼ばれたとも考えられています。
 

・閑所/閑処(かんじょ)

「静かな場所・人のいない場所」という意味を持つ「閑所」も、「トイレ」を指す言葉のひとつです。
用を足す場所は静かで誰もいない場所であること、また用を足す以外にはすることがなく暇(閑)な場所であることなどから「閑所」と呼ばれるようになったと考えられています。
 

・ご不浄(ごふじょう)

便などの排泄物は不浄なものであるとされることから、用を足す場所である「トイレ」のことも「不浄・不浄場」と呼ばれました。
この呼び名に「ご(御)」をつけて丁寧語にしたものが「ご不浄」で、特に女性が使う言葉であったそうです。
 

・憚(はばかり)

用を足す場所へ行く行為は「人目を憚る」ものという所から、トイレのことは「憚」とも呼ばれます。
「恥じらい」の強い日本人らしさを感じる言葉ですね。
 

その他にも日本には「トイレ」を表す言葉は多く、「雪隠(せっちん)」や「手水場(ちょうずば)」「思案所(しあんじょ・しあんどころ)」などと呼ばれることもありました。
近年はあまり使われないこれらの「トイレ」を表す日本語ですが、これだけたくさんの言い回しがあるのは、用を足す場所をあまり直接的に表現したくないという日本人の奥ゆかしさが背景にあったのかもしれませんね。

 

This entry was posted in トイレのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.