毎日の洗濯に取り入れたい、家庭でできる「節水・節電術」

毎日の洗濯に取り入れたい、家庭でできる「節水・節電術」

 
毎日の洗濯に便利で欠かせない「洗濯機」ですが、実は意外と多くの電気代と水道代がかかっている場合もあります。
それでは洗濯機で使う水を減らすためにはどのように工夫していけば良いのでしょうか。
今回は毎日の「洗濯」に取り入れたい節電・節水方法について紹介していきます。

 

洗濯の回数を減らす

 
洗濯機の節電・節水を考えるなら、まずは洗濯物をなるべく「まとめ洗い」するようにして、洗濯の回数を減らすところから始めてみましょう。
 

ただまとめ洗いでは洗濯物に雑菌が繁殖して「ニオイ」が気になってしまうこともあります。
そのため脱いだ後の汚れた衣服はなるべく干して乾かし、湿気や汗を飛ばして雑菌の繁殖を抑えるケアをしてから洗濯カゴに入れると良いでしょう。
 

またスーツやシャツなどは脱いだ後にブラッシングすることで、汚れを軽減し洗い上がりを良くする効果も期待できます。

 

洗濯物は容量の「80%」を心がける
洗濯機には容量が表記されていることをご存じでしょうか。
この容量を超えた洗濯物を入れると洗濯機がうまく回らず洗濯物の汚れが落ちなかったり、負荷が重くなり多くの電気を使う原因になることもあります。
また容量よりも洗濯物が少なすぎると、電気や水のムダにつながってしまいます。
 

洗濯物がキレイに洗われ、電気や水が無駄にならない理想的な洗濯物の量は「最大容量の80%」です。
まとめ洗いをする際にもこの量を意識することで節電・節水につながりますし、洗濯物の汚れも効率的に落とすことができます。

 

お風呂の残り湯を活用する
お風呂の残り湯を洗濯に活用するのも、オススメの節水方法。
暖かいお湯は皮脂汚れを効率よく落としてくれますし、洗剤をしっかり溶かす効果も期待できるので、なるべく入浴後の暖かいお湯を「洗い」の段階で使うと良いでしょう。

 

「スピード」コースを利用する
洗濯機には標準コースの他に「スピードモード」や「スピーディ」「スムーズ」などの、短時間で洗濯ができるコースがあるものもあります。
それらのコースを選び短時間で洗濯を行えば、その分電気代を節約することができます。
 

確かに「洗濯時間が長い方が、しっかりと汚れが落ちそう」「短時間では不安」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが実は皮脂や粒子の汚れの落ちは、洗濯機で10分をピークとして横ばいであるという調査結果もあります。
 

また長時間にわたる洗濯は、衣服の生地の伸びや傷みを引き起こしたり、落ちた汚れがもう一度布に着いてしまうなどのリスクを高めるという側面もあります。
最近の洗剤は洗浄力も強いので、スピードコースの利用してみてはいかがでしょうか。

 

洗剤の入れすぎも要注意!
洗剤の入れすぎも要注意!
 

キレイに衣服の汚れが落ちるかが不安で、つい洗剤を多めに入れてしまうという方もいるかもしれません。
しかし洗剤の入れすぎは洗濯槽や衣服に洗剤が残る原因にもなり、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
もちろん多すぎる洗剤はすすぎの回数を増やし、電気代・水道代の無駄にもつながります。

 

普段何気なく洗濯機を使っている習慣が実は水道代や電気代の負担をかけている原因になっているかもしれません。
今回紹介したような節約術を活かし、節電・節水を心がけていきましょう。

 

確かに「洗濯時間が長い方が、しっかりと汚れが落ちそう」「短時間では不安」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが実は皮脂や粒子の汚れの落ちは、洗濯機で10分をピークとして横ばいであるという調査結果もあります。
 

また長時間にわたる洗濯は、衣服の生地の伸びや傷みを引き起こしたり、落ちた汚れがもう一度布に着いてしまうなどのリスクを高めるという側面もあります。
最近の洗剤は洗浄力も強いので、スピードコースの利用してみてはいかがでしょうか。

 

This entry was posted in エコその他. Bookmark the permalink.

Comments are closed.