毎日1分でOK! 効果的に清潔を保つ「トイレ掃除」のポイント

毎日1分でOK! 効果的に清潔を保つ「トイレ掃除」のポイント

 
トイレ掃除を徹底したいと思っても、気を抜くとすぐに汚くなってしまうものです。
忙しいとなかなかトイレ掃除にまで手が回らず、いざ掃除をするとなると大仕事になってしまう方も多いのではないでしょうか。
 

実は毎日「1分」の時間があれば、トイレのキレイは保つことができます。
忙しいからこそ実践したい、毎日1分でできるトイレ掃除のポイントについて紹介していきます。

 

1分でトイレ掃除をするために必要な道具

 
1分でトイレの清潔を守るために必要な道具は、トイレブラシとスプレー容器だけでOKです。
拭き掃除は全てトイレットペーパーで行います。トイレットペーパーは掃除後トイレに流すことができるので、雑巾を洗ったりする手間がないのも嬉しいポイントですね。
スプレー容器の中には水を入れておきましょう。

 

毎日のトイレ掃除の手順
毎日のトイレ掃除の手順の基本は、蓋と便座を全て上下しながら順番に水をスプレーし、トイレットペーパーで順番に拭いていくだけでOKです。
毎日汚れている部分だけをサッと拭けば良いため、時間もかからずトイレをキレイに保つことができます。
 

1 便器の蓋と便座を上げ、便座のボウル内が汚れている場合にはブラシでこする。

毎日コツコツ掃除をしていく場合は特に洗剤などを使わず、そのままのブラッシングでOKです。
便器のボウル内が汚れていないようならブラシを使う必要もないため、この工程は省いても構いません。
 

2 便器の蓋と便座を閉めながら、便座の裏や座面・蓋の裏や上・タンクに水をスプレーする。

汚れた部分に向けてひと吹きかふた吹き・軽くしめる程度スプレーしていきます。
特に便座の裏側は汚れやすい部分なので、忘れずにスプレーしてくださいね。
蓋やタンクにも汚れがあったらスプレーしておきましょう。
この時のスプレーも、汚れている部分だけでOKです。
 

3 トイレットペーパーで拭く。

トイレットペーパーを少し多めに取り、スプレーをかけた部分を拭いていきます。
蓋やタンクを拭いたら、蓋を上げ便座の座面を拭いていきます。
 

4 便座の裏側は最後に拭く。

蓋や便座を上げたら、最後に便座の裏側を拭きます。
一番汚れている部分を最後に拭くことで、他の部分に汚れが着いてしまわずにキレイにすることができますね。
トイレットペーパーは汚れた面を丸め込むようにして使っていき拭いていきましょう。
使い終わったトイレットペーパーは、そのまま流してOKです。
 

5 もし床も汚れていたら……?

床周辺にも汚れがあった場合は、新しいトイレットペーパーとスプレーでサッと拭いていきましょう。
時間とともに汚れは落ちにくくなってしまいますが、その日のうちならほとんどの汚れを簡単にトイレットペーパーと水だけで落とすことができます。
 

落ちにくい汚れにはどう対処する?
落ちにくい汚れにはどう対処する?
 

水とトイレットペーパーだけでは落ちにくい汚れには、重曹を使っていくことをお勧めします。
週末など時間をかけてお掃除したい時などには、汚れ部分に重曹をまいてブラシやトイレットペーパー・古い歯ブラシなどでこすり掃除をしていくと良いでしょう。
 

トイレ掃除の期間が長い時間空いてしまうと汚れもなかなか取りづらくなりますが、毎日少しずつコツコツと掃除して、頑固な汚れにならないうちに掃除をしていくことで、水とトイレットペーパーでトイレ内をキレイにすることができます。
毎日コツコツ掃除していきトイレをキレイに保ちましょう。

 

This entry was posted in トイレトリビア. Bookmark the permalink.

Comments are closed.