ここが違う! 「タンクレストイレ」のメリット・デメリット

ここが違う! 「タンクレストイレ」のメリット・デメリット

 
従来のトイレは便器の後ろに大きなタンクと洗面台が付属されていましたが、これらを除外しシンプルな造りとしたのが、「タンクレストイレ」です。
近年ますます人気になってきているタンクレストイレの特徴を交えながら、タンクレストイレの持つメリット・デメリットをご紹介しています。
 

タンクレストイレのメリット

 
タンクレストイレには次のようなメリットがあります。
 

・トイレのスペースが広くなる
タンクレストイレはタンクが付いていない分場所をとりませんので、トイレのスペースを広く使うことができます。
タンクがついてるトイレに比べ、奥行きは約10cm程度、高さは約30cm程度スペースを削減することが可能です。
 

・トイレ掃除が楽になる
タンクレストイレは前述通りトイレのスペースが広くなりますので、便器側面や背面にも手が届きやすくなりトイレ掃除が楽になります。
また、タンクや洗面台が無く便器の構造がフラットでシンプルになっているため、これもトイレ掃除の負担を和らげてくれます。

・トイレの見た目が良くなる
タンクレストイレは、タンクや洗面台が無いため、トイレのパッと見の印象を機能的で優雅なものにできます。堅苦しい感じ無くなりますので、開放感もアップです。
またタンクレストイレはデザイン自体も凝っている製品が多いため、おしゃれで都会的なトイレを望む方にはうってつけです。
 

タンクレストイレのデメリット
タンクレストイレのデメリット
 

タンクレストイレのメリットをご紹介してきましたが、どんな魅力あるものにもデメリットは存在します。
以下にタンクレストイレのデメリットを挙げていきます。
 

・水圧条件がある
タンクレストイレは一定の水圧を満たしている建物で無いと設置できない場合があります。
必要な水圧条件は各メーカーの製品毎に異なりますので、設置前に十分確認しなければなりません。
なお、ビルやマンションなどの高層階では水圧が低くなるため、タンクレストイレが設置できない可能性が高いです。
 

・停電時には使えない
タンクレストイレは毎回水道管から水を流すことになるのですが、その水を流すために都度電力が必要になります。
このため災害時などで停電が続いた際などは不便な思いをするかもしれません。
 

・洗面台が無い
タンクレストイレは、タンク上部に洗面台が付いていません。
このため、付近に別途洗面台を設置しておかないとすぐに手が洗えず、日々の生活で不便に感じてしまう可能性があります。
 

・価格が高い
タンクレストイレは、タンクありのトイレより平均して1万円~5万円程度価格が高くなります。
以前と比べると価格差は少なくなってきていますが、コストをとにかく抑えたい方にはデメリットと言えるでしょう。
 

タンクレストイレはこのようにメリット、デメリットがあり一長一短です。
間取りやデザインの好み、予算などと照らし合わせながら、タンクレストイレを採用するべきかを検討してください。

 

This entry was posted in トイレのエコ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.