世界に誇る日本のトイレ!TOTOミュージアムを見学しよう

世界に誇る日本のトイレ!TOTOミュージアムを見学しよう

以食品から文房具、新聞社から住宅にいたるまで、さまざまな工場見学、社会見学があります。
そんな中、変りダネとして「トイレ」の見学に行ってみるのはどうでしょうか?
ここでは、家族でも楽しめる「TOTOミュージアム」についてご紹介します。

TOTOミュージアムとは?

現在日本のトイレ業界で第1位(60%)のシェアを誇るTOTO。
TOTOミュージアムは、来年に創業100周年を迎える記念事業の一環として開設されました。
ウォシュレットやハイドロテクト(防汚加工)などさまざま技術でトイレの進化に貢献し続けるTOTOの歴史は、日本のトイレの歴史そのものと言っても過言ではありません。

歴史的価値を認められ認定遺産登録された初代ウォシュレットや腰掛け式サイホンゼット便器、国内初のユニットバスなど貴重な資料を見ながら、日本のトイレと水回りの変遷を知ることができます。

また、TOTOミュージアムにはハイドロテクトや最新の節水技術、陶器くずの再利用やソーラーシステムなどが導入され、環境に配慮し自然と調和する建物になっているのです。

一緒に工場見学はいかが?

TOTOは陶器メーカーである「東洋陶器」にルーツを持ち、トイレの製造にも窯業のノウハウがふんだんに生かされています。
特製の窯でじっくり焼き上げられた便器は、職人の手によって丁寧に仕上げ加工がされているのです。

工場見学では、そんなトイレ製造の過程をじかに見られます。
TOTOは大小30ほどの工場を国内に持っていますが、九州を中心に見学ができる工場もあります。
オススメは小倉第一工場です。

本社から至近にあるため、TOTOミュージアムとセットでの見学コースも用意され、充実した見学になること間違いなしですよ。

【アクセス】
TOTOミュージアムは、福岡県北九州市のTOTO本社敷地内にあります。

・JR小倉駅から
バスやタクシーで10~15分

・北九州モノレールから
香春口三萩野駅南口を出て国道3号線を至津側に徒歩約10分

・乗用車でお越しの場合
到津方面から国道3号線を左折して入場してください。無料駐車場もあります。

遠方から訪れるなら、新幹線や飛行機を利用し小倉駅を目指すのが便利でしょう。
空港から小倉駅までは所要時間30分ほどです。

毎日使うトイレですが、その歴史や技術は意外と知らないことだらけ。
その製造過程や歴史を知ればトイレの見方も変わるかもしれませんね。
行楽の秋、九州旅行も兼ねてTOTOミュージアムを見学してみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in トイレトリビア. Bookmark the permalink.

Comments are closed.