実はこんなとこから!トイレのニオイの原因とは

実はこんなとこから!トイレのニオイの原因とは

トイレと言えば、真っ先に気になるのがそのニオイ。
使用中・使用後はまだしも、トイレに入った瞬間のニオイは、特に来客があるときに気になるものです。今回は、そんなトイレのニオイの原因と対策を紹介します。

ニオイの原因はどこから?

落としきれていない汚れ、これがトイレのニオイの原因です。
便器をはじめ、床や壁にも尿の細かな飛び散りがあり、これを取らないとニオイは取り除けません。
特に、尿中のカルシウムが化学反応を起こし便器内で固形化した「尿石」。これは雑菌や悪臭の発生をまねきます。

実は水たまり面が関係していた?

ここまではニオイの原因を見てきましたが、実はトイレの洗浄方式によっても汚れやニオイの付きやすさが変わるってご存知ですか?
洗浄方式によって便器の「水たまり」の面積が変わりますが、この水たまりの面積がトイレの悪臭に関係するのです。

水洗トイレの洗浄方式には、
【水たまり面が広い】
サイホンゼット式・サイホン式

【水たまり面が狭い】
セミサイホン式・洗落とし式

があり、水たまり面が広いほど汚れが付着しにくく、ニオイも防ぐことができます。
ニオイは空気に触れることで拡散するで、汚物が水の中に沈めばニオイが広がる可能性も低下するのです。
逆に水たまり面が狭いタイプは、ボウル内の乾燥面に汚物が付着したり、洗浄時に多少の水はねが起こることもあります。

掃除の仕方

ここでは、特に汚れやすい場所の掃除の仕方を見ていきましょう。

・便器周辺の床・壁
面積の広い床・壁はそれだけニオイの発生源になります。
スプレー式のトイレ用洗剤を壁に塗布し、まずはそれを塗り広げるように濡れ拭きし、その後、よくしぼった雑巾で洗剤を拭き取るように拭いていきましょう。
仕上げに、乾いた雑巾で水気を取るように拭き上げるのがコツです。

・便器と床の接合部分
このすき間も、汚れが溜まってしまう場所です。
雑巾だけでは隅まで掃除できないので不要になった歯ブラシを使いましょう。
洗剤を接合部に塗布しながら、すき間の汚れをブラシでかきだしてください。汚れの溜まり具合にもよりますが、かき出しては拭き取りかき出してはふき取りを繰り返す必要があります。歯ブラシと雑巾はその都度よく洗いましょう。

・ウォシュレット便座の裏面と接合部
ウォシュレット便座を外して裏側を見ると尿石がこびりついている場合があります。
これも歯ブラシを使用すると便利ですが、ブラシでこすっても効果が薄い・ビクともしないときは酸性洗剤の出番です。
キッチンペーパーやトイレットペーパーに洗剤を染み込ませ、汚れに湿布をするように貼ってください。そのまま15分程度放置して、酸性成分が尿石を分解するのを待ちます。こうすることでガンコな尿石汚れが落ちるようになります。落ち切らない際はこの作業を繰り返しましょう。

掃除してもまだニオイがする場合は、室内に染みついたニオイ、特に天井付近のアンモニア臭が原因と考えられます。
アンモニアは空気より軽いため、上に広がり天井付近でとどまります。
消臭スプレーを使用する際に便器周辺のみだけでなく、天井面及び天井から50㎝付近の壁面に重点的にスプレーを散布してみください。
また、芳香・消臭剤の芳香成分は空気よりも比重が重いため下に下に滞留します。
前述のアンモニア臭の特性からも、芳香・消臭剤はトイレのなるべく高い位置に設置しましょう。

汚れの付きやすい場所・トイレ自体の洗浄方式といった特性もありますが、大切なのは「汚したらすぐに掃除すること」です。汚れは放置すると簡単には落ちなくなります。
こまめな掃除で、居心地よいトイレを目指しましょう。

This entry was posted in トイレトリビア. Bookmark the permalink.

Comments are closed.