日本人の繊細な心が生んだ!トイレの音姫の進化

日本人の繊細な心が生んだ!トイレの音姫の進化

音姫をご存知でしょうか?
今や女性の方なら皆さんがご存じかと思いますが、あのトイレに設置された音消しの装置です。
2度流しの変わりに水が流れるような電子音を鳴らし、節水を促す装置です。

実はこのような装置があるのは日本だけで、外国においてはそのような装置が見られません。
そこには日本人独特の恥じらいの気持ちが反映されており、また水を大切に考えるまさに日本人の繊細な心が生んだ商品と言えるのでは
ないでしょうか。

音姫により大幅な節水に

今では至る所で音姫を見かけることができますが、ウォシュレットや温かい便座とならび、日本のトイレの3種の神器と言っても過言ではありません。

音姫が開発されたのは1988年。開発のきっかけは福岡県での大渇水にあるといわれています。
装置が開発される以前は、用を済ます間、人には聞かれたくない音を消すために水洗トイレのバーを下げて水を流しっぱなしにする女性も多く、 多くの人が利用する公衆トイレを設置する施設においては、その水の無駄遣いが無視できないものでした。

音姫が設置される前は、1回の流水で10〜15リットルもの水が使われていたトイレもあり、試算では1000人規模(内女性400人)規模のオフィスで、年間約386万円もの節約 になるそうです。

進化する音姫

最近ではその性能も進化しています。 開発当初は単に水音に近い電子音がガラガラと鳴るだけのものでしたが、節水や消音の効果に加え、リラックスの効果まで期待ができる商品が開発されています。
初期の音姫はそのいかにも電子音という点から、音姫を使って恥ずかしい音を消しているということ自体ばれてしまうことが恥ずかしいと、せっかく音姫が設置してあっても使用されない状況がありました。 そこで求められたのは、自然に違和感なく周りの音に溶け込み聞かれたくない音を消してくれる音姫の開発。

そこには開発者の苦労があった様です。
様々な音を同時にかつ自然に消せる音源を巡ってたどり着いた音は、やはり自然の流水音。
その音は心地よく、リラックス効果も期待できるとか。また、男性トイレにも設置する流れも検討されています。

今では“あって当たり前”のように感じられがちな音姫ですが、音姫があることで恥ずかしさを消してくれるだけでなく、
節水にも大きく貢献しているのです。

日本人らしい繊細さから誕生した音姫は、今後さらに進化をとげ世界でも受け入れられていくのではないでしょうか。

This entry was posted in トイレトリビア. Bookmark the permalink.

Comments are closed.